小鳥の病院へいってきました

去年の秋ごろに予約をしていた、小鳥専門の病院へ行ってきました。

よりによって、大寒波。雪!

もう、起きて、「うわ、何これ…」愕然。

ただでさえ、カノンを乗せて高速なんて走ったことないのに、大雪。
初めて行く場所で、携帯ナビしかないのに、大雪。
タイヤも普通の軽自動車なのに、大雪。

すっっごい怖かったけど、なんとか予約していた時間に辿り着けました。

片道1時間半 カノンと二人旅でした。

初めての鳥専門。

今回は健康診断です。
フンの検査もOK
口の中もOK
鼻の中もOK
羽もOK
「この子、と~っても綺麗!」とお褒めのお言葉をいただきました(*^_^*)

普段食べているものもOKだそうで、よかった。

先生がケージ中に指を入れると、すぐぴょん!って乗るカノン。
「とても人懐こい子ですね~」っと。
あれ、そんなはずは無いんだけどな…。
普段通ってる病院の先生が男の人だから、ダメなのかな。

足の握る力が、若い子より弱っているようだけど、
それは年齢からくるものだから、仕方がないこと、と言われました。

実は、1年前くらいにカノンが嘔吐をして、
それが物凄く臭くて、部屋中に匂いが充満するほどひどかったとお伝えしたところ、
そのうの検査もしてくれました。

そのう検査の棒?みたいなものを見た途端、
ギエー!ギエー!と悲鳴をあげるカノン。
「ずっと怖いの我慢してたんだね、ごめんね。」
と、カノンが落ち着くまで待ってくれました。優しい先生(;_:)

で、カノンはケージの金網をよく噛むんです。
私が家にいる時は、「ダメ!」って言って静止しますが、
仕事中はきっと噛んでる。
金属がお腹に溜まってしまうお話も聞いたことがあるのですが、
今回そのうもOK

特に大きな問題は無し!

帰りも雪の中、今度は私がヒーヒー言いながら帰りました。

170114-1.jpg

今日、全然写真撮ってなかった。

170114-2.jpg

お昼に帰宅後、相当疲れたんだと思います。
ずっと爆睡してました。カノン~って呼んでも起きません。

170114-3.jpg


診察後に、ピッチの話しもさせていただきました。
骨格に異常がある子は、先天的に内臓にも異常を抱えている子が多いから、
元々心臓に疾患があった子なのでは、と。
・雛の頃に、右のほっぺたの出来物
・右足の奇形
・今までブログで言ってこなかったかもしれませんが、右の羽もちょっと変な風に生えてくるのがありました。

内臓疾患は、まあ、しょっちゅうでしたけど。その度にお薬でした。

今のかかりつけ病院の対応としては、間違っていないと思う、と言っていました。

静岡市にも鳥専門病院がある、と紹介していただきましたが、
調べると、名古屋に行くのと同じくらいかかる(>_<)

今回、カノンだから行けたけど、ピッチだったら、ピッチの体力を考えると中々行けなかった。

もう行くことはないかもしれないけど、行けて良かった。


ランキングに参加しています。
宜しかったら、ぽちっとお願い
します(^^)

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

スポンサーサイト